• 子供の姿勢改善ブログ

No.51 自粛中の腹筋運動に注意

自粛中の運動不足を解消するために、腹筋運動をする子供たちが増えています。

姿勢というのは前後左右上下のバランスで正しい姿勢になります。


腹筋のみを鍛える運動をしてしまうと、身体がお腹側に引っ張られてしまいます。

その結果猫背や巻肩、ストレートネックなどを作ってしまいます。


自粛中の運動には筋力バランスを注意して、固まって筋肉を中心にストレッチをしましょう。

トレーニングした筋肉は特にストレッチや運動させてください。

もちろん、大人も同様です。


モデルは14歳男性です。

腹部調整後の姿勢は背骨が伸びてますね。

全体の調整後には肩の位置や首の位置が変わっているのが分かるとおもいます。


腹部の筋肉が緊張すると、骨盤や内臓にも悪影響を及ぼします。

肩、首、骨盤、脚など、お腹とは一見関係のないような部位でも、筋肉や筋膜、皮膚や神経などで繋がっているのです。


また、身体が歪んでいると、動きも制限されてしまいます。


全身をよく運動させましょう!=姿勢矯正整体院POLOKA============

子供も受けられる優しい骨盤矯正で姿勢改善!

住所:埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7 肉バル二階

湘南新宿ライン 「久喜駅」 より徒歩2分

TEL:080-4179-8368

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼