• 姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)

私たちの想い、精神


私が3年前にアメリカのテキサスカイロプラクティック大学に行って

解剖実習の時に学んだことをシェアします。

私はカイロプラクターでありながら、人の血を見るのが苦手でした。

日本でカイロプラクターとして活動している中、本場のカイロプラクティックを見たいという思いが強くなっていきました。

実際の人体はどうなっているのか?

アメリカのカイロプラクターはどんな感じなのか?

本やインターネットでは限界があるのを痛感し、アメリカ留学を決断しました。

アメリカと日本のカイロプラクティック界の格差に絶望したのを覚えています。

中でも解剖実習では、知識、学問としての成長だけではなく、人として成長させて頂きました。

タンクという献体さんが入っている箱から引き上げた時、目の前にいる献体さんの存在感に圧倒されました。

アメリカに行く前に、実際に人の身体を解剖するのが怖くて、何度も解剖学のDVDを見返して、慣らしていきました。

グロイとか、気持ち悪いとか、怖いとかならないように...

ですが、目の前に献体さんが現れた時、それは全く違うのだということに気づきました。

実際は、「感謝」しかありません。

目の前にいる方は世界中、どこを探してもいない、唯一無二。

切ってしまったら、もう修復はできません。

その人の人生が詰まっているのです。

未来の医学の発展のために提供したい、また、そのことに同意して下さったご家族がいて。

目に見えない多くのドラマがあって、解剖させて頂けることに感謝しかありません。

献体さんに黙禱を捧げ、パートナーとして解剖させて頂きました。

アメリカで成長した技術や知識を皆様へ提供してしたい気持ちでいっぱいでした。

アメリカ留学から帰ったら、日本で多くのお客様が待っておりました。

私はそこで気づいてしまったのです。

確かに献体さんは解剖してしまえば、元に戻すことはできません。

ですが、今を生きている皆様も私に身体を預けて下さることに。

若輩者の私に身体を委ねて、頼って下さる皆様に感謝を気持ちが溢れてしまいました。

それから、日々の施術に取り組む姿勢を変えることができました。

より良いものを提供すること。

当院の理念

人が輝く明るい未来

美と健康つかむ方法を提案し輝く笑顔の輪を広げます。

症状を診るのではなく人をみます。

常に最新の技術、知識を学び、最適な施術をします。

この理念はカイロプラクターとしての誓いです。

多くの患者様、献体さん、先生達。

多くの支えの中で生きている責任として、施術に取り組む姿勢は一流でいること。

この思いが多くの治療家に伝われば良いなと思います。

有難う。感謝
皆様へ感謝

#カイロプラクティック #感謝 #姿勢

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼