top of page
  • 執筆者の写真子供の姿勢改善ブログ

発達障害とカイロプラクティック


神経圧迫による発達障害 注意欠如・多動症(ADHD)とは 「自分の感情をコントロールする」「物事に集中する」「他人の表情から感情を理解する」などがうまくできないのが発達障害です。これは生まれつきの行動や思考の特性であり、個性や性格に近いものです。 ADHDの疑いがある児童の32.4%が眼球運動検査で陽性の結果がでるそうです。 眼球運動検査で陽性が出た、ADHDの児童向けに首の付け根と膝に対して、カイロプラクティックの調整を行ったところ、 発達障害の改善がみられたという。 眼球運動が正常に行えないと、字列を追えずストレスがかかります。 その結果授業を聞けず、外へ飛び出してたり、癇癪を起こしたりすると考えられています。

また、カイロプラクティックの調整により、空間認知能の向上があることがわかってます。

発達障害の無いお子様にも調整するメリットがあります。

最新記事

すべて表示

ヒップアップ運動による落とし穴

一般に骨盤が後傾すると、ヒップダウンします。 その為、ヒップアップ効果を求める運動の多くが骨盤が前傾させるような動きが多いですが、そこには大きな落とし穴があります。 人間の身体には「運動連鎖」があります。 運動連鎖とは一つの関節の動きによって、1つ、2つ以上の関節が連鎖して動く

医学雑誌に、首の痛みに対する最良の治療法はカイロプラクティックであるという研究結果が掲載

『Spine』という医学雑誌に、首の痛みに対する最良の治療法はカイロプラクティックであるという研究結果が掲載されました。この研究では、首が痛いときに人々が最初にどの医者に行くか、治療の回数、診断のための画像検査、治療内容などを半年間調査しました。 調査対象は約77万人で、地域や年齢に関係なく行われました。その結果、最初にカイロプラクターに行く人が45.2%で最も多く、次に多かったのは一般医(MD)

bottom of page