• 子供の姿勢改善ブログ

一万歩を歩く前に!


一万歩を歩く前に! 足の骨というのはくるぶしから下で26個の骨があり両足を含めると52個です。 人間の骨は全部で206個あり、足は25%の骨が集結して、土踏まずの構造(3点アーチ)というのが衝撃を分散するように可動して私たちの身体を支えております。 その足に普段どれくらいの負担がかかるのでしょうか? 歩行時にかかる負担というのは体重の1.2倍です。 体重が50kgの人は一歩に 1.2×50kg=60kgの負担がかかります。 一万歩を歩くと 60kg×10’000=600t(トン) 600tもの負担がかかるのです。 その600tの負担を足のアーチが分散してくれるんですね。 健康のために1日一万歩を目標にするのは良いですが、今まで運動をしてこなかった人の足の関節は硬くなってます。 関節が硬い状態で600tの負荷をかけたら、疲れや痛みはもちろん、膝や股関節などを故障をするリスクもあります。

まずは足のアーチが機能するように、体を調整することをオススメします。 闇雲な運動より、目標を達成する準備や計画をたててから行動しましょう! 

姿勢矯正整体院POLOKAではカラダのお悩み無料相談をやっております。 お気軽にご連絡ください。 姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​ 埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7          肉バル2階  ​久喜駅東口 徒歩2分 ​予約 080-4179-8368(冨田) 

#カイロプラクティック #一万歩 #健康 #久喜市

最新記事

すべて表示

今日、9月18日はカイロプラクティックが生まれて日です。 127年前にアメリカのD.D.パーマという治療家は、難聴患者に対して、背骨のアジャストメントを行いました。 その途端、難聴患者の聴力が回復し、外の馬車の音が聞こえると歓喜しました。 カイロプラクティックが生まれた瞬間

ここ数年、ある施術に関してずっと考えていたことがある。 仙腸関節を矯正するべきか?そうでないか? 今日、その疑問に私なりの答えが出た。 矯正するべきである。 この仙腸関節は数年前までは不動関節と言われ、動かないとされていた。 しかし、近年数ミリ動くことがわかってきた。 こ