• 子供の姿勢改善ブログ

顔の歪みで印象が変わる

噛み合わせ


噛み合わせが悪い時は顎関節の歪みがあり、周辺の筋肉バランスが崩れています。

そこから骨盤が歪んでしまうこともあります。

また、噛み合わせの悪さから、耳の不調や、頭痛など身体の不調にも繋がっていきます。


しかし、問題なのは見た目が大きく変わってしまうことです。


顎関節の歪みから、咬筋や側頭筋などの筋肉に左右差が生じます。

筋肉バランスの崩れから下顎骨(顎の骨)がねじれ、顔の印象を大きく変えてしまいます。


鏡を見た時に、左右対象でなく右側のエラが大きく見えたり、反対のエラは垂れていたりするのは、顎関節が歪んでいる可能性があります。

正面から顔を見て、鼻から真っ直ぐにヒモを垂らした時に、顎の先端がズレていませんか?

このズレが大きい程、筋肉バランスが崩れ、顎関節の可動を制限してしまいます。


顎関節の歪みから起こる、顔の歪みは、身体全体の姿勢が関係します。

そのため、顔の歪みだけ調整しようと思っても、上手く整いません。

顔と身体 両方ともしっかり調整する必要があります。

木を見て森を見ずではいけないのです。


顔の歪みは小さなズレでも、印象を大きく変えます。

顔の印象は人生を変えるかもしれません。

最新記事

すべて表示

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド