• 子供の姿勢改善ブログ

身体の歪みとお肌の健康

これから暑くなり日焼けを気にする方も多くなってきます。今回は紫外線についてお伝えします。


 気象庁の発表では、7~8月に紫外線量が年間で最も多くなると発表されています。しかし紫外線は1年中降り注いでおり、曇りの日も注意が必要です。紫外線による悪影響として主に日焼け・光老化(しみやしわ)光線過敏症(アレルギー症状としてかゆみや発疹等)がありますが、実は眼への影響(角膜炎や白内障の原因に)も気をつけなければならないそうです。


 私たちの暮らしに影響している紫外線は2種類あります。

1. UV-A:曇や窓ガラスを透過して肌の奥、真皮まで到達。シミやシワ、たるみの原因となると言われています。

2. UV-B:日やけの主な原因で、浴びすぎると赤く炎症を起こします。シミ以外にソバカス、乾燥のトラブルが発生。


 また紫外線は肌トラブルだけでなく痛みもつながっています。真皮には痛みのセンサーがあり、紫外線による肌のダメージが起こると身体にも影響があります。肩こりなどの慢性痛と呼ばれる身体の不調にも繋がってきます。


 身体の歪みだけでなく、お肌の健康もぜひ意識した生活を一緒に目指していきませんか。

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼

​HIKARU整体施術院(ひかる)

埼玉県久喜市太田袋665-1

​新白岡駅東口 徒歩6分

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

 

​予約 080-4179-8368(冨田)