​HIKARU整体施術院(ひかる)

埼玉県久喜市太田袋665-1

​新白岡駅東口 徒歩6分

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

 

​予約 080-4179-8368(冨田)

November 17, 2019

September 9, 2019

September 2, 2019

Please reload

最新記事

谷桃子来院

December 1, 2017

1/1
Please reload

特集記事

治療よりも優先すべきこと

November 20, 2019

 

心と身体のバランス

ある論文で、先天性内斜視をもった幼児に対して神経学的治療をした研究があった。

幼児は他人とコミュニケーションがとれず、母親の助けのもと治療を行なっていた。
一年が経つと眼球運動も安定してきて、経過は良好にみえた。

ある時、より良い治療法を他の先生から提案されて調整を試みたそうだ、その治療は今までの治療と違い
母親の手から離れて施術しなくてはいけなかった。

幼児は施術の途中で泣き出し、母親のもとへと逃げ出してしまった。
それから検査をすると、内斜視
眼球運動は悪化していた。
後日、再検査をすると一年前の状態に戻ってしまったという。

子供の調整をするにあたって、効率ばかりを考えていてはいけない
その子の心を考慮して施術をする必要があり、不安を与えない工夫は時に治療法よりも優先すべき問題である。 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア