• 久喜市で姿勢矯正なら

9月18日 カイロプラクティックが生まれた日

今日、9月18日はカイロプラクティックが生まれて日です。

127年前にアメリカのD.D.パーマという治療家は、難聴患者に対して、背骨のアジャストメントを行いました。

その途端、難聴患者の聴力が回復し、外の馬車の音が聞こえると歓喜しました。

カイロプラクティックが生まれた瞬間でした。

 

そこからカイロプラクティックの学校を創り、医師会と裁判で闘いながら、各州で法制化されていき、今では世界中でカイロプラクターが活躍するようになりました。

 

日本におけるカイロプラクティック界は、教育機関が無く、カイロプラクターのレベルは千差万別です。

施術内容も全く違います。

各協会は互い蹴落とし合い、尊敬信頼のない関係はいつまで続くのか計り知れません。

 

私達、若手のカイロプラクターは互いに尊重して、良い所を学ぶ姿勢を崩してはいけないと思います。

全てに完璧なものはありませんが、何にでも、必ず良い所はあります。

 

私は協会に属さない、群れないカイロプラクターとして、色んな協会を渡り歩きます。

各協会の理論を結び付けることは、膨大なエネルギーと時間が必要になります。

 

引き続きこの果てない学びを探求していくことを誓います。

最新記事

すべて表示

ここ数年、ある施術に関してずっと考えていたことがある。 仙腸関節を矯正するべきか?そうでないか? 今日、その疑問に私なりの答えが出た。 矯正するべきである。 この仙腸関節は数年前までは不動関節と言われ、動かないとされていた。 しかし、近年数ミリ動くことがわかってきた。 こ