top of page
  • 久喜市で姿勢矯正なら

9月18日 カイロプラクティックが生まれた日

今日、9月18日はカイロプラクティックが生まれて日です。

127年前にアメリカのD.D.パーマという治療家は、難聴患者に対して、背骨のアジャストメントを行いました。

その途端、難聴患者の聴力が回復し、外の馬車の音が聞こえると歓喜しました。

カイロプラクティックが生まれた瞬間でした。

 

そこからカイロプラクティックの学校を創り、医師会と裁判で闘いながら、各州で法制化されていき、今では世界中でカイロプラクターが活躍するようになりました。

 

日本におけるカイロプラクティック界は、教育機関が無く、カイロプラクターのレベルは千差万別です。

施術内容も全く違います。

各協会は互い蹴落とし合い、尊敬信頼のない関係はいつまで続くのか計り知れません。

 

私達、若手のカイロプラクターは互いに尊重して、良い所を学ぶ姿勢を崩してはいけないと思います。

全てに完璧なものはありませんが、何にでも、必ず良い所はあります。

 

私は協会に属さない、群れないカイロプラクターとして、色んな協会を渡り歩きます。

各協会の理論を結び付けることは、膨大なエネルギーと時間が必要になります。

 

引き続きこの果てない学びを探求していくことを誓います。

最新記事

すべて表示

医学雑誌に、首の痛みに対する最良の治療法はカイロプラクティックであるという研究結果が掲載

『Spine』という医学雑誌に、首の痛みに対する最良の治療法はカイロプラクティックであるという研究結果が掲載されました。この研究では、首が痛いときに人々が最初にどの医者に行くか、治療の回数、診断のための画像検査、治療内容などを半年間調査しました。 調査対象は約77万人で、地域や年齢に関係なく行われました。その結果、最初にカイロプラクターに行く人が45.2%で最も多く、次に多かったのは一般医(MD)

留言


bottom of page