• 子供の姿勢改善ブログ

これからの医療とQOL


手助け 久喜市で地域医療

先日、東京大学で地域疼痛ケア協会の総会が開催されたので、私前田も参加して来ました。

登壇された先生の中で、特に印象的だったのは東埼玉病院の中野智紀先生。

地域包括ケアについて自身の体験を交えながら、病院としての役割や医師から見る医療制度の欠点などを講演されました。

時代の中で必要なケアというのは大きく変わっていて、病院でもそれ同じでした。

昔の医療と違い、患者さんがQOL(クオリティー オブ ライフ)を目指しており。

医療中心だったケアも、QOLの考えが浸透してからはケアの一部に医療という選択がある。

という時代に変わったと、中野先生はおっしゃっていました。

悩みを解決するのに、医療的なケアでしか対応できないということは、

問題の表面の一部しか解決していないのと同じで、根本的な解決ではなく、むしろ他の問題を悪化させることもある。

今の病院が求められるものとして、全ての悩みを解決できる情報が無いのは病院側からしても、苦いことでしょう。

解決の糸口として、その道のプロ、他業種との提携を持つことで、色んなケースに対応できるようになるのだが、そう簡単にはいかないようです。

実際に他業種と連携し、複雑に絡んだ悩みの解決をしようとしたら、問題が複雑であることは良く理解できたが、全てに対応することや、一つ一つの問題を解決するのは難しいという結論が出てきてしまい。

医療の他業種との連携は逆戻りしてしまった。

そんな中、訪問ケアの中で遭遇した複雑な悩みを抱えた高齢な夫婦と出会い

医療としての無力さを痛感したといいます。

医療では解決できない金銭的、体力的、時間的...問題を前に医療的処置以外はただ寄り添うことしかできない。

ただ寄り添うことしかできなかったが、その高齢な夫婦には感謝をされたといいます。

ケアリング、その人の生きる力に寄り添うことが次世代の医療なのかもしれません。

当院の看板にはプライマリーケアと書いてあります。

プライマリーケアを要約すると、その人の人生に寄り添ったケアになります。

私たちカイロプラクテック、整体だけでなく、プライマリーケアとして、

一人ひとりに合ったケアを目指して参ります。

久喜駅東口徒歩2分ですので、お気軽にお立ち寄りください。

無料相談を受け付けております。

世界で磨いたカイロプラクティックを体験下さい。

#QOL #東京大学 #ケア #医療

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼