• 姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)

自閉症とカイロプラクティック


国際小児カイロプラクティック協会 (ICPA)が児童812人に実施した。 筋肉、骨格、耳鼻咽喉系、または健康促進、病気の予防を目的とした施術の術後の変化を調査したデータがあります。 そのデータによれば、カイロプラクティックの調整によって、約98%の児童の主訴の改善がみられたという。 当院では子供の姿勢矯正も専門で調整できますので、自閉症を持った児童も多く来院します。 側弯症や筋力の低下のため、常に関節をぐにゃぐにゃに曲げているなどの共通点が多い。 側弯症が改善するにつれてコミュニケーションがとれるようになってくるのだ。 母親の言うことを聞くようになるなど、成長が観れる度にカイロプラクティックの未知なる可能性に感動する。 カイロプラクティック業界では非常に複雑な立ち位置にいる私だが、今の日本のカイロプラクティック業界を映した鏡のようだ。 それぞれの協会同士で手を取り合い 日本におけるカイロプラクティックの発展に力を尽くして欲しいと願う。

#自閉症 #久喜市 #カイロプラクティック #整体 #小児 #子供

最新記事

すべて表示

今日、9月18日はカイロプラクティックが生まれて日です。 127年前にアメリカのD.D.パーマという治療家は、難聴患者に対して、背骨のアジャストメントを行いました。 その途端、難聴患者の聴力が回復し、外の馬車の音が聞こえると歓喜しました。 カイロプラクティックが生まれた瞬間

ここ数年、ある施術に関してずっと考えていたことがある。 仙腸関節を矯正するべきか?そうでないか? 今日、その疑問に私なりの答えが出た。 矯正するべきである。 この仙腸関節は数年前までは不動関節と言われ、動かないとされていた。 しかし、近年数ミリ動くことがわかってきた。 こ