• 姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)

下半身の痺れ、痛み 何が有効か?


坐骨神経痛や下肢の痺れの原因として 下部腰椎(L3〜L5)の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などで神経を圧迫されていると診断される人が多いです。 マッサージ、ストレッチやヨガの後に痛みや痺れの改善を感じる人は多くいるんじゃないでしょうか? それは、ヘルニアや狭窄症自体が治ったわけではありません、その理由は筋膜にあります。 背骨の歪みに合わせ、筋膜間での圧迫がポイントです。 痛み、痺れが起こっている問題の神経の多くは背骨の歪みによる神経圧迫に合わせ、筋膜での神経圧迫が起こることで痛み、痺れが起こるといわれており。 神経の圧迫が二ヶ所ある状態をダブルクラッシュといいますが。 マッサージ、ストレッチ、ヨガなどで固まった筋肉を動かすことによって、筋膜間に体液が流れ込み滑走性が良くなって筋膜間の神経の圧迫がとれるということです。 つまり実際にヘルニア、狭窄症が治ったということではなく、痺れ、痛みの原因の一因を改善したため、症状が緩和されたということです。 急性のヘルニアで、強い神経への圧迫がある場合、自然治癒が働き、マクロファージが飛び出した椎間板を捕食し神経の圧迫をとるため、安静にするのが一番良いです。 強い狭窄症の場合、神経自体の壊死が起こり、細くなるので、その前に調整をするのが良いでしょう。 ゴットハンドやヨガ、ストレッチ、マッサージなど有効なものもありますが 受ける側も、自分の症状がどのレベルなのか、知る努力も必要です。

#脚のしびれ #カイロプラクティック #久喜市 #足の痺れ #脚の痛み #坐骨神経 #狭窄症

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼

​HIKARU整体施術院(ひかる)

埼玉県久喜市太田袋665-1

​新白岡駅東口 徒歩6分

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

 

​予約 080-4179-8368(冨田)