• 久喜市で姿勢矯正なら

痛みはどこから?


人間の身体にある痛みのセンサーは、いまあなたの身体に異常が起こっていると知らせてくれます。

危険信号ともいうべきでしょうか?

もちろん異常を教えてくれているので、無視はおすすめできません。

どこに異常があり、どういう専門家に診てもらうべきか自分で判断する必要があります。

例えば、痛いのは頭か腰かお腹か

そして右か左か、上か下か、奥の方かなど

人間の痛みセンサーについて山根悟DCはこう言ってます。

「我々は12枚の服を着ているのと同じです。どの層が、どの層との間が癒着や接着しているかにより治療ターゲットが変わります。骨や筋肉には痛みセンサーは存在していませんからね。」

上から並べてみると、

1皮膚(表皮/真皮)・・・感受性が強い 2皮下組織     ・・・あまり痛くない 3筋膜      ・・・非常に感受性が強い(重苦しい痛み、痛気持ち) 4筋組織          ・・・あまり痛くない 5腱              ・・・疼痛の感受性はかなり強い 6靭帯            ・・・感受性はかなり強い 7骨膜            ・・・感受性はかなり強い 8骨組織          ・・・痛みがない 9関節包・滑膜    ・・・感受性が高い 10血管            ・・・一般に鈍痛を感受する 11脊髄硬膜        ・・・感覚はない 12軟骨組織        ・・・椎間円板や関節軟骨などは感受性がない

人間の身体というのは部位によってアプローチの仕方が変わります。

もしあなたが痛みを感じているのなら、どこからの痛みなのか考えてみましょう!

姿勢矯正整体院POLOKAではカラダのお悩み無料相談をやっております。

お気軽にご連絡ください。

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

​予約 080-4179-8368(冨田)

カラダの悩み

#久喜市 #カイロプラクティック #痛い

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼