• 子供の姿勢改善ブログ

押すと痛い!トリガーポイントについて

カイロプラクターが調整するのはサブラクセーションだけではありません。今回はカイロプラクターが調整するトリガーポイントについて紹介します。

トリガーポイントは、押すとそこから離れた部位に関連痛や副交感神経反射といって、お腹が鳴ったり、鼻水が出たりという現象が起ります。

例えば、肩のトリガーポイントを押した場合、こめかみに痛みや倦怠感がでます。

カイロプラクターがアジャストメントする際に重視する神経の走行とは違うので、面白いところです。


トリガーポイントは体のあらゆる筋肉で発生する可能性があります。トリガーポイントがある患者は、筋肉に対して持続的な痛みを訴えることが多く、可動域が減少し姿勢が崩れることで大きな問題に発展することもあります。


トリガーポイントが起る原因は

怪我、運動不足、長時間同じ姿勢でいる、ビタミンなどの栄養が不足する、睡眠不足などが一般的です。

トリガーポイントを調整する方法は鍼、カイロプラクティックケア、マッサージ、超音波、レーザー、電気刺激、ハイドロリリース等あります。


トリガーポイントを予防するためのセルフケアを紹介します。

運動

適度な運動で筋肉を動かし、血液を循環させることで筋肉の癒着を防ぎます。


姿勢を正す

長時間座った状態や同じ姿勢を続けることで筋肉が緊張して、血液循環が悪くなることがトリガーポイントの原因になります。20分以上は同じ姿勢を続けず、姿勢を正しましょう。

貧乏ゆすりなども良い予防になります。


食事のバランスを管理する

五大栄養素をバランス良く摂ることはトリガーポイントの予防になります。特に日本人はビタミンとミネラルの量が不足している人が多いです。


良質な睡眠をとる

人は一日の活動の中で傷付いた体を修復するのに睡眠をとります。良質な睡眠は凝り固まった筋肉をリラックスさせます。


トリガーポイントを予防して、健康的な生活を過ごしましょう!

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼

​HIKARU整体施術院(ひかる)

埼玉県久喜市太田袋665-1

​新白岡駅東口 徒歩6分

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

 

​予約 080-4179-8368(冨田)