• 子供の姿勢改善ブログ

共存共生の精神と免疫の第一防衛線

私たちはウイルスや細菌などの病原体からどの様に身体を守っているのでしょうか?

今回は三つある防衛線のうち、第一防衛線について、大学時代に学んだ知識をシェアさせて頂きます。


最初の防衛線は皮膚です。

皮膚は病原体の侵入を防ぐバリアーで、普通は傷口が無ければ病原体が皮膚から侵入することはありません。

皮膚表面は乾いており、phが酸性に偏っているので、細菌が住み着きづらい環境になっています。

皮膚の表面の細胞はケラチンを含む死んだ細胞で、常に新しいものと交代していきます。

また、皮膚にある汗腺からは汗が、皮脂からは分泌物が皮膚の表面へ供給され、病原体が取り付きにくくなっており、皮脂腺から分泌される脂肪酸のなかには細菌に対する殺菌作用のあるものもあります。


口と鼻の表面は粘膜で覆われており、肺へ酸素を送る気管も粘膜で覆われています。

粘膜細胞の分泌する粘液は病原体を捕捉し、「リゾチーム」という酵素が病原体を壊します。また、「トランスフェリン」というタンパク質が病原体の増殖を阻害し、そして痰(たん)となって排出されます。


口から食道を通って胃に入った病原体は、胃液の強力な塩酸と酵素によって破壊されます。

眼の表面は涙で常に洗浄されており、涙には「リゾチーム」が含まれています。

肛門は腸内細菌によって守られています。


※私の考えですが、行き過ぎた手洗い、殺菌・除菌は皮膚のバリアーなど第一防衛線の機能を損なう可能性があります。

手を常に清潔に保つことは良いことですが、【外出時】、食事の前以外は洗い過ぎに注意してください。口、鼻、肛門、目などは直接触らないようにすると、より良く第一の防衛線を機能させることができます。


それでも、清潔な状態を保ちたい方は、石けん、消毒後、保湿をしてください。

手袋をするなども良いです。


過剰に消毒・殺菌をして私たちの防衛線を崩さないように気を付け、共存共生しましょう。

菌達、自然は敵にも味方にもなりえます。

=姿勢矯正整体院POLOKA============

子供も受けられる優しい骨盤矯正で姿勢改善!

住所:埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7 肉バル二階

湘南新宿ライン 「久喜駅」 より徒歩2分

TEL:080-4179-8368

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最新記事

すべて表示

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド