• 子供の姿勢改善ブログ

体温調節の要!褐色脂肪細胞ってなに?

よく聞く、褐色脂肪細胞って?

褐色脂肪細胞は脂肪を分解して熱を発生させるこができる細胞です。

褐色脂肪細胞の中には脂肪球というものが多くあり、この脂肪球の多くがミトコンドリアによって囲まれているのです。


このミトコンドリアが多く存在することが、褐色脂肪細胞の特徴になります!


ミトコンドリアは熱を生産してくれます。

ミトコンドリアが生産してくれた熱によって、人は体温調節をします。

新生児が寒い環境の中で頭部の皮膚温が低下しないのは、褐色脂肪細胞が首の前、肩、背中を覆うように存在しているからです。


このように脂肪細胞と言っても、脂肪を分解し熱を生産してくれる有り難い細胞もありますが、その対極にあるのが白色脂肪細胞です。

白色脂肪細胞は栄養を脂肪として貯蓄します。

加齢に伴い褐色脂肪組織は、白色脂肪組織へと変わっていきます。

段々と減少した褐色脂肪細胞は成人では肩甲骨周囲や脊椎周囲に少し存在する程度になります。


褐色脂肪細胞が多く存在し、ミトコンドリアが機能している人は、体温も高く、太りにくい、また免疫力が高いと言えるでしょう。


ミトコンドリアは甘いものや飽食が苦手で、運動が大好きです。

糖分の摂取や食べ過ぎを抑えて、適度に運動し、ミトコンドリアを活性化させることで、より健康で美しい身体に整えていきましょう!


=姿勢矯正整体院POLOKA============

子供も受けられる優しい骨盤矯正で姿勢改善!

住所:埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7 肉バル二階

湘南新宿ライン 「久喜駅」 より徒歩2分

TEL:080-4179-8368

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最新記事

すべて表示

自宅で身体を動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

基礎代謝について

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下

私たち身体には【古代の海】がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼

​HIKARU整体施術院(ひかる)

埼玉県久喜市太田袋665-1

​新白岡駅東口 徒歩6分

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

 

​予約 080-4179-8368(冨田)