• 子供の姿勢改善ブログ

代償の歪みカンパセーションについて

皆さんの認識では全ての歪みはいけないものと思っていませんか?

カイロプラクティックの分野ではサブラクセーションといって、背骨を構成する椎骨のズレ、脱臼とまでは言えないが神経の伝達を阻害する歪みをサブラクセーションと言います。

カイロプラクターはこのサブラクセーションを調整し、身体の機能を正常に保とうとします。

ですが、背骨の歪みの中にはカンパセーション(compensatory subluxation)といって調整してはいけない歪みが存在します。


サブラクセーションが起こると、体は歪みます。

人の身体は地面に直角に立つことで、外部の情報を正確にキャッチすることができますが、サブラクセーションにより、体が傾いたままでは上手く外部の情報をキャッチできません。

また、姿勢的な面でもバランスが悪い状態です。

そこで人体は、自分の背骨を歪ませてバランスをとります。この様にして出来た椎骨の歪みをカンパセーションと呼びます。


カンパセーションや正常な椎骨に対して調整を行うことは、身体のコンディションを悪くする可能性があります。

むやみに椎骨の歪みを矯正していると、その時は気持ち良いかもしれませんが、歪みやすくなってしまうなど「クセ」になりやすいです。


我々カイロプラクターは無駄のない、より安全な矯正をするべきだと思います。

最新記事

すべて表示

押すと痛い!トリガーポイントについて

カイロプラクターが調整するのはサブラクセーションだけではありません。今回はカイロプラクターが調整するトリガーポイントについて紹介します。 トリガーポイントは、押すとそこから離れた部位に関連痛や副交感神経反射といって、お腹が鳴ったり、鼻水が出たりという現象が起ります。 例えば、肩のトリガーポイントを押した場合、こめかみに痛みや倦怠感がでます。 カイロプラクターがアジャストメントする際に重視する神経の

身体には海がある

骨には重要な役割があるのを知っていますか? 骨の中に「骨髄」と呼ばれるところがあります。 この骨髄は血をつくる役割があり、こどもの頃は全身の骨で血をつくりますが、大人になるにつれて、血をつくる場所が減ってきます。 青年期を過ぎると大腿骨や脛骨などの長管骨での造血作用はほぼ失われますが、椎骨・胸骨・肋骨などの扁平骨や短骨では失われずに残ります。 活発な造血作用のある骨髄は赤色をしており、赤色骨髄と呼

自粛中にカラダを動かさないと起こるリスク

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

​HIKARU整体施術院(ひかる)

埼玉県久喜市太田袋665-1

​新白岡駅東口 徒歩6分

姿勢矯正整体院POLOKA(ぽろか)​

埼玉県久喜市久喜東二丁目4-7

         肉バル2階 

​久喜駅東口 徒歩2分

 

​予約 080-4179-8368(冨田)