• 院長ブログ

うき指から起こる冷え症

冬場は特に感じやすい冷え症ですが、春になり、暖かくなっても足の指先が冷えるという方がいます。


それはうき指から起こる冷え症かもしれません。


歩行時に地面と足裏接触します。

接触がある場所は血行が良くなります。

例えば、両方の手のひらを叩いて拍手をしてください、段々と手のひらの色が変わり、白から赤く変わってませんか?

赤くなるということは、血行が良くなっていることが考えられます。


つまり、うき指で地面と接触する機会が減ってしまうと、血行が良くなる機会が減ってしまうということです。

普段から全く歩かない人も同様です。


冷え症には筋肉、血管、自律神経等の原因も多くありますが、指先が特に冷える方は自分の指先をチェックしてみて下さい。


うき指
うき指



最新記事

すべて表示

自宅で過ごす時間が増える今こそ、日頃の運動不足や食生活などの生活習慣を見直してみませんか? いつまでも元気に生涯現役を目指すために、健康寿命をのばすことが大切になってきます。健康寿命とは心身ともに健康で、介護などを必要とせず自立して生活できる期間のこで、介護は高齢者だけの問題と思われがちですが、要支援、要介護になる原因の上位に運動器症候群(ロコモティブシンドローム)があります。 ロコモティブシンド

身体が生命活動を維持するため、呼吸、瞬き、内臓が消化活動など生理的に行う活動に必要なエネルギーのことを基礎代謝と呼びます。 基礎代謝を上げる主な方法ですが、「体温を上げる」ことで、効率よく体温を上げるために一番効率的なのは「筋肉量を増やす」ことです。筋肉量が増えればエネルギー消費量も増え体温も上がります。 食事や睡眠など生活習慣が乱れた不規則な生活は、自律神経の乱れにつながり、徐々に基礎代謝が低下